読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CGメソッド

CG制作に関してのヒント

MENU

【DVDStyler】メニュー無しでDVDを作成する方法

作成した映像をDVDに焼いて欲しいと頼まれて、オーサリングに意外と手間がかかったのでメモ。

事前準備

  • DVDvideo規格は解像度が最大720×480なのでリサイズしてAVI出力(容量も4G以内に)

※画面アスペクト比は4:3なので、16:9の映像に上下に黒帯(シネマスコープ)を入れる

  • DVD-Rを購入(コンビニでDVDはなかなか売られてない!あとDVD-RWに対応していないプレイヤーもあるので注意)

失敗例

  • いきなりImgBurnというフリーソフトで焼いてしまう。オーサリングしないとDVDプレーヤーで自動再生されない。(あたりまえのことですが、忘れていました)

  • DVD Flickを入れればImgBurnと連動して焼けるということで試してみて、上手くいった…と思いきや音飛びしました!!

設定を色々変更しても同じ箇所で音飛び。DVD何枚か無駄にしました。。。

「DVD Flick」「音飛び」調べてみると、このソフトは更新が止まっており、同様のトラブルが良く起こっているようです。

DVDStylerの導入

  • DVDStylerは現在も更新されているソフトなのでこちらをインストール

DVDStyler - ダウンロード

  • 1点問題があって、そのまま焼こうとするとデザインが微妙なDVDメニューをつけないといけないです。

メニュー無しでDVDを作成する方法

f:id:min0124:20170305204330p:plain

すごく手間なのですが、3箇所も設定してからDVDに焼きます。

プロジェクトの作成の際、「テンプレート無し」にしておきます。

1 プロパティの設定

  • スパナアイコンを押す

  • NTSC 4:3に設定

  • 最初の再生コマンドを 「jump title 1;」に

  • 「jumppadを作成」「 Create empty VMGM/titleset menus if doesn’t exist」のチェックを外す

2 メニューの設定

  • メニューは消さないこと、黒いままでOK

*ダブルクリックでプロパティを開いてポストコマンドを「jump title 1;」にします

3 タイトルの設定

  • 動画をドラック&ドロップするとタイトルセット1が作成されます。

*ダブルクリックでプロパティを開いてポストコマンドを「exit;」にします

4 DVDを焼く

3箇所設定が終わったら、赤い円盤ボタンをおします。

以上でプレイヤーに入れたらすぐに再生されるDVDが作成できます。

参考

DVDStyler : ビデオメニュー無しのビデオDVD作成 (1/6) – 動画ツールと各種ソフト