読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CGメソッド

CG制作に関してのヒント

MENU

【Photoshop】UIパーツの情報を自動で作成してくれるツール『Ink』と『Size Marks』

Photoshop Photoshop-Tool

f:id:min0124:20160828093050p:plain

UIパーツの情報を自動で作成してくれる拡張機能『Ink』

存在は知っていたのですが、その時は必要としていなかったので見逃していました。

使ってみたらめちゃくちゃ便利で、もっと早くに出会いたかったツールです。

導入方法

Photoshop2017に入れてみました。

Ink. A Photoshop documentor plugin

  1. 上記からInkをダウンロード

  2. Photoshop CC 2015+フォルダの中をInk.zipを解凍。

  3. 解凍した中身を下記の場所に格納。

C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CC 2017\Required\CEP\extensions\Ink

  1. Photoshopを起動。ウインドウ>エクステンション>Inkを選択

使い方

  1. 寸法を表示したいレイヤーを選択して

  2. 水滴ボタンをクリック。自動でサイズが表示されます。

  3. 表示がはみ出ていたら、イメージ>すべての領域を表示

f:id:min0124:20170223224921p:plainf:id:min0124:20170223224945p:plain

追記

余白などの計測は『Size-Marks.jsx』がおすすめです。

選択範囲を囲み、スクリプトを実行だけです。

f:id:min0124:20170224084032p:plain

ガイドラインや指示書の作成が楽になる!エレメントやマージンのサイズを書き出してくれるPhotoshopのスクリプト -Size Marks | コリス

感想

UIの構成を確認するにも仕様書作るのにも使えそうです。

あとは他のUIを分析するにも使えそう。

はやくAdobe XDにも似たような機能が搭載されるのを期待しています。

参考

デザインのガイドラインや指示書の作成が驚くほど捗るPhotoshopの機能拡張 -Ink | コリス