読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CGメソッド

CG制作に関してのヒント

MENU

【3ds Max】BipedとCATについて

3ds Max 3ds Max-Tool

follow us in feedly

f:id:min0124:20160828101600p:plain

3ds Maxのリギングで使用する『Biped』や『CAT』。

この話で盛り上がっても、全然話についていけなかったので。。。

ちょっと触ってみました。

CAT (Character Animation Toolkit)

CAT を使用すると、キャラクタ リギング、非線形アニメーション、アニメーションのレイヤ化、モーションキャプチャの読み込み、筋肉のシミュレーションを簡単に実行できる。

  • 作成>ヘルパー>CAT オブジェクトを選択

  • CAT ペアレントを選択して、ベースリグを選ぶ(人はもちろん複数の足を持つキャラクターや非人間型キャラクターなどのリグを選択できる)

f:id:min0124:20160824110713j:plain

  • バインドしたいオブジェクトと形状を合わせて、スキンモディファイア、ボネを追加

  • モーションメニューから、CATMotion(歩行)を追加して再生ボタンを押すと歩行モーションしたりします。

f:id:min0124:20160823212245j:plain

参考

チュートリアル

3ds Max - CAT Movies

ヘルプ

Help

Biped

単にスケルトン(キャラクタ リグとも呼ばれる)を作成、アニメートし、モーション シーケンスを作成できる。

Bipedは二足歩行リグ。Physiqueはスキンモディファイヤ。この2つがセットで『character studio(キャラスタ)』と呼ばれている

  • 作成>システム>Bipedから作成

f:id:min0124:20160823213204j:plain

  • モーションメニューから足跡モードを選択して、足あとをつけて歩行させることもできる

f:id:min0124:20160823213416j:plain

参考

サンジゲン Interview 「3DCGアニメーションで2Dセルルックを! 独自の手法で切り拓くアニメーション新時代」 | Autodesk :: AREA JAPAN | ユーザ事例

Bipedについて - 向田ゼミ3dsMax指南 Wiki*

セルルック3Dに挑む!ついにアニメーション!(解説編) | すたぶろ

3D+ 3dsMax Biped解説-1 ( 概要 )

ヘルプ

Help

調べた事&感想

  • Bipedの方が古くからある機能(CATはプラグインだったのが、後から標準機能に統合)

  • BipedやCATは随分前から開発更新が止まっている?

  • CATは安定性にかける?バグが多い。

  • Bipedならmayaのボーン、ウェイト情報をインポートできる

  • 人型ならBipedの方が良さそう、また複数手足がある場合はCATが良さそうです。

  • サンジゲンなどはBipedをベース。

  • オレンジは昔はCATをつかってたり。

  • もちろんBipedやCATを使わなくても骨いれてバインドして、IKなど仕込んで普通にセットアップできる

とはいえ、BipedとCAT、または普通にリグを組むのかなどは、用途や状況によりけりだとは思っています。

参考

実力派CGプロダクション8社による座談会「リガーの今とこれから」 | インタビュー | CGWORLD.jp

匠たちによる阿吽の呼吸〜OVA『武装神姫 Moon Angel』 | 特集 | CGWORLD.jp

第2回:モーション・セットアップ編 | GEMBAコンバート道 | AREA JAPAN