読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CGメソッド

CG制作に関してのヒント

MENU

【Unity】uGUIの基本要素とカンバスについて

Unity Unity-uGUI

follow us in feedly

uGUIの事を知らなすぎなのでちょっとずつ 勉強します。

UIの基本要素

GameObject > UI > Textと作成すると、『Text』の他に『Canvas』と『EventSystem』が生成されます。

  • Canvas』はUIの描画を担います。複数個、配置することも可能です。

  • 『EventSystem』はUIに対するイベントを扱います。これがないとボタンをおしても何も反応しません。

描画モード

カンバスには『Screen Space - Overlay』『Screen Space - Camera』『World Space』の3つの描画モードがあります。

Screen Space - Overlay

カンバスがどこの位置にあっても画面全体を覆うように描画されます。

UIは最前面に描画することが多いため最も使用されるモードです。

  • このモードだと3DオブジェクトやパーティクルはUIより前に表示することができません

Screen Space - Camera

カンバスが指定されたカメラの前方、一定距離離れた位置に配置され、カメラによって描画されます。

  • カメラで描画しているので3DオブジェクトやパーティクルはUIより前に表示することができます。

World Space

シーン内の他のゲームオブジェクトと同じ扱いで描画されます。

  • 他のモードと違いカンバス自体を回転させたり、移動させたりすることができます。

  • カンバスをすり抜けることもできます。

参考

docs.unity3d.com

docs.unity3d.com

hiyotama.hatenablog.com

描画順

カンバス内の描画順

階層構造の順番が下に行くほど手前に表示されます。

カンバス間の描画順

Sort Orderの値が大きいほど手前に表示されます。

画面解像度とスケーリング

Canvas Scalaerには『Constant Pixel Size』『Scale With Screen Size』『Constant Physical Size』『World』の4つのスケールモードがあります。

Constant Pixel Size

UIをピクセルサイズに合わせて表示したい場合はこのモードにします。

Scale With Screen Size

基準となる画面解像度を設定して表示するモード。複数の異なる解像度のデバイスに対応させるには、このモードに設定してスケールさせます。

Constant Physical Size

ミリメートルやセンチメートルなど物理的な単位を設定して表示するモード。

World

カンバスの描画モードが『World Space』の時はWorldに固定されます。

参考

http://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/script-CanvasScaler.html

hiyotama.hatenablog.com